コンピュータのことなら ワンダークラフトへ

アウトソーシング「マークシート対応」

OMR(Optical Mark Reader)

各種試験やアンケートにおいて、マークシート形式が採用されております。
その簡便さから、一般の企業様から自社内でのアンケートなどでもマークシートを使用したいというご要望が多くなっております。
大量のデータを早く正確に処理することが最大のメリットですが、専用紙を使った印刷や専用の読取り装置を使用することからデータ件数が少量だと費用が高くなってしまうデメリットも生じます。

 

OCR(Optical Character Reader)

本来は、手書き文字や印字された文字を光学的に読み取り、文字データを入力するのがOCR装置ですが、スキャナで読み取った画像から文字を識別して文書に変換するOCRソフトを使用して、マークシート処理を代用することが可能です。3000枚以下の試験やアンケートであれば、スキャニングしてOCRソフトで読み取ったほうが費用的に安く処理できます。
OMRより作業時間が多くかかってしまうデメリットがありますが、PCから普通紙の解答用紙が作成できることや手書き設問との併用が可能なことから、学校や企業内の小試験などで利用されてきています。

 

当社は、新規マークシートの作成はもちろん、既存マークシートの読取り、データ作成、完成データからの集計、採点、結果レポート作成まで全ての作業をアウトソーシングサービスとしてご提供いたしております。

 

お客様のご要望をお聞きしたうえで、OMR、OCRいずれかをご提案させていただきます。